これはオトナだけの特権に、と思わずにはいられないような、Play Station4。深みのあるマホガニー。なんて極上な気持ちにしてくれる重厚なPlayStation4でしょう。

実はこれ、簡単にカスタムできるdbrandのスキンなのです。

マホガニーだけでなく、テクスチャーもレザー、メタル、マットカラーなどから選べ、カラーも豊富。テクスチャー、カラーともに、自由に組み合わせでカスタムできるので、妥協せずにこだわってみて。

カラフルにグーグル色にしてみたり

150615ps4skin01

PS4の繊細なロゴもこの通りです。

こちらのビデオでは、ワールドカップの強豪国国旗のカラリングにも挑戦しています。

カスタムデザインはとっても簡単。パソコンの画面上で、トップの左右、底の左右にコントローラーの素材をそれぞれ選んでいくだけ。

こんな具合に。Top Leftに赤を入れて、Top Right、Bottom Left、Bottom Rightとコントローラーの白には、レザーホワイトを使って、日本国旗のPlayStation4をデザインしてみました。

150615ps4skin2

マットなホワイト一色でモードなPlayStation4。

150615ps4skin03

イエローに、レザーブラックで、異なるテクスチャーを楽しむのも、オトナの余裕

150615ps4skin04

こちらのビデオの通り。ステッカーを注意深く貼っていくだけなので、作業も簡単。

だいぶ使い込んでいる人も、少し飽きてきちゃった人も、デザインを変えて、心機一転、新しいPlayStation4を。

ステッカーに使われているのは、ハイクオリティの3Mテープ。はがしても、糊が残ることがないので、飽きたらまた新しいスキンを着せることができます。

本体4面とコントローラーのステッカーで、40ドル

マホガニーとマットブラックのミックスや

150615ps4skin05

カーボンファイバーのカラーを使って、近未来的もアリ。

150615ps4skin06

こんなにリアルにこだわりが手に入るのならば、決して高い買い物ではないのでは。

色濃い自分のこだわりが、全ての自分のものに乗ってると、きっと毎日はもっと楽しい。

iPhoneを含めたスマートフォンや、タブレット、MacBookに加えて、他のゲーム機に対応しているものもあります。下記websiteからでデザインが済んだら、カートに入れて購入できます。

PlayStation 4 Skins  [dbrand]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking