タイナカジュンペイ

タイナカジュンペイ

94


6月といえば、雨ですね。そして雨といえば、傘ですね。

季節的には春から夏へ変わるとき。この梅雨が終わるとやってくる暑い夏が待ち遠しかったり、その暑さを想像してげんなりしている人も多いと思います。

ちなみに私が住むドイツには梅雨というものはありません。ただ北ドイツには春と夏の間に梅雨とは違いますが、天気が大きく崩れ、冬に戻るような期間があります。しかし雨が降り続けるわけではありませんから、こちらでは「6月は雨」というイメージを抱く人はほとんどいません。

それでも私にとっての6月のイメージはという強い印象があります。ということで、今日はそんな梅雨の時期にぴったりのお写真を並べておきますね。

150615umbrella004150615umbrella011
150615umbrella003
150615umbrella005
150615umbrella006
150615umbrella007
150615umbrella008150615umbrella002
150615umbrella009
150615umbrella010

こうした生き物たちも時には傘が必要なときもあるみたいですね。雨が降ったときの動物たちの行動は、もしかしたら人がとる行動と似ているかもしれませんね。

例えば急に雨が降ったとき、人なら雨やどりできる場所を探すと思います。動物たちはどうでしょう。

これらの写真のように、一時しのぎでも雨やどりできる場所を探すかもしれませんね。

14+ Animals With Natural Umbrellas[BoredPanda]

タイナカジュンペイ

タイナカジュンペイ

写真家。日本で5年の活動を節目に2013年2月ドイツ・ハンブルクへ移住。日本では濃いめの顔から本当に日本人なのかとよく言われ、ドイツでは日本人かと声をかけられる、そんな歪みを秘めている。「何かと何か」例えば、当たり前に「ドイツと日本」、はたまた「フィクションとノンフィクション」等々の間を写真でつなぐのを目標に掲げ、大真面目に写真の真に迫る日々を邁進中。都市・ポートレートを得意とする。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking