どう見ても普通じゃないこの腕時計。独自の“機械式ムーブメント”を用い、液体で時を刻みます。

その名も「HYT H3」。文字盤の視認性はさておき、PVDコーティングされたチタンとサテン仕上げのプラチナが使われたクールなフェイスが、とっても近未来的です。

時間を知りたくて見たはずなのに、その美しさについ見とれて、時間を忘れてしまいそう…。

なんとこちら25本の限定製造予定で、28万スイスフラン(約3650万円)という高級品。

なかなか気軽に手にできるものではありませんが、気になった方はぜひ以下の記事も合わせてどうぞ。

スマートウォッチだけじゃない。眺めているだけでため息の出る「液体時計」 [GIZMODO]

 text by 野本纏花

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking