スウェーデンは、世界トップレベルのコーヒー消費大国。

スウェーデン語で「FIKA(フィーカ)」と呼ばれるお茶の時間は、家族や親しい仲間たちとともに、コーヒーやお茶を飲みながら過ごす、日常のひととき。コーヒーはFIKAという習慣とともに、スウェーデンの生活に深く溶け込んでいます。

150624roomie_malmo5

トレンドに敏感な若い世代が多く集まる、スウェーデンの港町マルメ(Malmö)。スウェーデンの伝統的な文化でもあるFIKAに、いまや世界各地に広がるサードウェーブコーヒーがうまく融合したカフェが人気を集めています。

ルーミーのマルメ探訪の記事は以下からどうぞ。

自由で心地いい時間が流れる、スウェーデンのマルメを歩いてみたよ

今回は、地元の人にオススメされた、ふたつのカフェをご紹介しますね。


マルメで焙煎した豆を味わいたい「Solde Kaffeebar」

150617malmocafe2

ひとつめは「Solde Kaffeebar」です。

“öppet för alla!(みんなに開かれた場所)”をキャッチフレーズとする、このカフェは、常連さんから一見さんまで、温かく迎えてくれます。

このカフェは、コーヒーのほか、パンやサンドウィッチなどのフードメニューも充実。平日の開店時間は7時15分なので、朝食をいただくのもよさそうですね。

150624malmo_coffee12

もの静かなバリスタさんが、一杯一杯ていねいにコーヒーを淹れていく、そのプロフェッショナルな所作は、ほれぼれとします。

150624roomie_malmocoffee10

Solde Kaffeebarのおいしいコーヒーを支えているのは、コーヒー通にすっかりおなじみのイタリア製エスプレッソマシン「ラ・マルゾッコ(LA MARZOCCO)」。ピカソをはじめとした偉人たちのマグネットが、なんともチャーミングでした。

150624malmo_coffee4
150624malmo_coffee8

店頭では、2010年に地元マルメで設立された焙煎所「Solde Kafferosteri」で焙煎された、コーヒー豆も販売。自宅でも、Solde Kaffeebarのコーヒーを楽しむことができます。

パッケージもかっこよくて、ついジャケ買いしてしまいそう。


白いタイルがクール&ガーリーな「Noir Kaffekultur」

150624roomie_malmo9

マニッシュな雰囲気たっぷりのSolde Kaffeebarとは対照的な、ガーリーな魅力いっぱいのカフェが「Noir Kaffekultur」です。

晴れた日のテラス席では、コーヒーを片手に、仲間と語らう人々で、終日にぎわっています。

150624roomie_malmocoffee12

150624malmo_coffee2

エスプレッソ、マキアート、カフェラテなど、豊富なコーヒーメニューから、お好みのものを、ぜひどうぞ。

150624malmo_coffee7

地元“マルメっ子”のバリスタさんに、マルメの魅力について聞いてみました。

マルメの好きなところ? もちろんすべてよ。オープンな人たちが多いわね。今日は仕事が終わったら「Skybar」に行くの。よかったら行ってみて。

150624ECroomie_malmo

お店を出る直前に見かけた、バリスタさんがホッと一息ついている姿が印象的でした。タイルに手書きされたメニューボードは、そのカジュアルさとアイディアがとてもマルメらしい。

マルメのコーヒーは、そのおいしさはもとより、コーヒーと向かい合う時間や、コーヒーを介したオープンでフレンドリーなコミュニケーションこそが魅力なのかもしれません。



プリント

ルーミーでは、ストックホルムやIKEAの故郷エルムフルト、マルメなど、スウェーデンの都市について紹介していくのでお楽しみに。

Sweden Trip Diary

#ストックホルム

深い青と輝く光…ストックホルムってどんな街?
360度、見渡す限り本のパノラマが広がる図書館に行ってみたよ
“世界一長い美術館”、ストックホルムの地下鉄アートがすごい

#マルメ

コンパクトシティ「マルメ」には、心地いい日常があったんだ
マルメの穏やかな日常とサードウェーブコーヒー

#イケアタウン探訪記

マッチ売りから世界の家具王へ…イケアの原点を探ってみたよ
巨大な階段は、イノベーションが生まれる、みんなの「たまり場」
みんなに安心して使ってもらいたいから、イケアのテストは厳しいんだ
知ってほしい、イケアが大切にしている5つのこと
名物ミートボールを超える!? イケアに“ベジボール”が近々登場するよ
ミカエルさん、教えてください「イケアのお宅訪問ってなに?」
ベトナムのバンブーとスウェーデンデザイナーがコラボしたよ

Illustrated by Mai Kurosaka
Photographed by Aya Nakashima

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking