伝統工芸品」と聞いて、みなさんはどんなイメージを抱きますか?

「美しくて高価なもの」「日常的には使えないし、ちょっと遠い存在のもの」…なんて印象を持っている方が多いと思います。

そんな伝統工芸品のイメージを一新し、身近なアイテムとして生まれ変わった姿を観られる展覧会がもうすぐスタートします。

150609_dento02

6月17日(水)から開催される展覧会「DENTO×GRAPHIC ~デザインが繋ぐ、日本の伝統」は、デザイナーと職人の知恵と技術を融合させ、独創的な作品を発表する「DENTO-HOUSE」が、2月にパリで開催した「DENTO-HOUSE PARIS -2015」展の凱旋ショップとなります。

参加するデザイナーは浅葉克己氏、仲條正義氏、井上嗣也氏、服部一成氏、中村至男氏。漆蒔絵を施した涼しげなガラスのテーブルウェアの先行販売や、パリ展で大人気だった漆塗りサイドテーブル「猫」の受注会も行われます。

作品の一部をご紹介しましょう。

150609_dento11

[猫]仲條正義デザイン

150609_dento03

[広重とゴッホが会う、私と。]仲條正義デザイン

150609_dento08

「横縞の桐箪笥」浅葉克己デザイン

150609_dento07

「カジノ重箱」「数字柄 小皿」服部一成デザイン

150609_dento10

漆蒔絵×ガラスの新作イメージ(浅葉克己デザイン)

伝統工芸品の良さを残しつつも、デザイナーの新たな視点が加わったアイテム。今までに見たことの無いユーモアにあふれた作品ばかりです。

制作風景の様子は、こちらからどうぞ。



伝統を大切にしつつも、大胆に変化させる「DENTO-HOUSE」の作品たち。新しい息吹を感じられる工芸品を、ぜひその目で確かめてみてくださいね。

DENTO-HOUSE_Web用_20150528

[DENTO×GRAPHIC ~デザインが繋ぐ、日本の伝統]
会期:2015年6月17日(水)~6月30日(火)
時間:10:30~20:00
会場:伊勢丹新宿店本館5階=ウエストパーク
料金:無料
参加デザイナー:浅葉克己、仲條正義、井上嗣也、服部一成、中村至男
参加産地:川連漆器(うるし/秋田)、江戸木版画(浮世絵版画/東京)、宮城伝統こけし(鳴子こけし/宮城県)、春日部桐箪笥(和箪笥/埼玉県)、会津絵ろうそく(和ろうそく/福島県)

[DENTO-HOUSE]
[Dento-House FACEBOOK]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking