SHARE


写真集を買ったことがない人も思わず手にしたくなる。部屋に飾っておきたくなる。まるでロンドンにワープしたような気分になれる。

そんな素敵なアートブックはいかがですか?

150611_makuake01
150611_tokyo3

写真家、そしてアートディレクター、役者として活躍している四方花林さんは、宝塚歌劇団で五年間舞台に立っていました。彼女が宝塚を卒業する決心をして写真の道に進んだ理由。それは、新たな夢が出来たから。

宝塚のポスターを手掛ける写真家、アートディレクターになりたい、そして、自分がつくったビジュアルを見た人達にもっともっとエンターテイメントに興味を持ってもらいたいという夢。

そんな彼女のひとつの夢である本をつくることが、今回女性向け雑誌CYANの新しい取り組み、夢プロジェクトの第一弾として始まりました。

この写真集は彼女が昨年のロンドン留学中の作品と新作を元にロンドンをテーマにしたものなのだそう。彼女の本には、彼女だけの色彩感覚「花林カラー」で作り出された世界観が広がっています。

ginza

4歳から習っていた油絵で得た色彩感覚。



150611_london01

宝塚で得た美的感覚。



150611_london02

海外を旅して文化交流するコトによって得た自由な価値観。



150611_makuake02

恋愛観。



ダンス、歌、演劇から学んだリズム感をはじめ、舞台や映画を観て得た世界観が四方花林さんの作品を作り上げています。

写真集発行の記念に10月に東京でロンドンをテーマにした展示も開催します。このアートブックは現在クラウドファンディングを実施中。ここでしかこのアートブックは手に入りません。

みなさんも、日常とは少し違う花林ワールドをのぞいてみませんか? かわいいムービーもご覧あれ。

詳細は、こちら

[Makuake]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense