なんと下水管がホテルとなり、宿泊体験ができるというプロジェクトがありました。

全ての下水管のなかには二人まで宿泊可能となっており、ベットにランプ、そしてブランケットが備えられています。

20150607sewerpipe2
20150607sewerpipe3
20150607sewerpipe1

建物の外には共有スペースであるバスルームのほか、カフェなどがあるそうです。

これらの下水管で作られた建物は公園のなかに建てられているので、遊び終わった後に一休みをするのに最適な空間となっています。

20150607sewerpipe4
20150607sewerpipe5
20150607sewerpipe6

ひとつひとつの下水管の内側のデザインが異なっているのも面白いですよね。キャンプ気分で気軽に滞在できるのがとても魅力的です。

さて、気になるのはその宿泊費。なんとお値段は”宿泊者のお好きなように“とのこと。

このプロジェクトを応援したいだけ、宿泊者の余裕があるだけのユーロを下水管のなかに置いておけばいいそうです。なんだかわくわくするプロジェクトですね。

一度は泊まってみたいユニークなホテルです。詳細はこちらからご覧ください。

Go on holiday and spend the night in a sewer pipe in austria and germany [LOST AT E MINOR]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking