SHARE


暖かい日の昼さがりにのんびりと公園でお昼寝をするネコたちを見て「あ~こんな風にネコになりたいなあ」なんて思ったことがある方、いらっしゃると思います。

ただ、ネコたち全員がなにものんきに気ままに暮らしているわけではありません。飼い主を持たず戸外で生まれて短い一生を終えてしまうネコたちも多く、2013年度環境省の調査によると、全国で16万1000頭ものネコが全国の自治体で殺処分されているのが現状なんです。

ネコ達を救うべく、全国の自治体がさまざまな取り組みを行っているのですが、その中でも今最も注目を浴びているのが東京都千代田区。2011年には全国で初めて猫の殺処分ゼロを実現し、現在も継続中なんです!

そんな千代田区に暮らすネコ達のために一生懸命活動しているのが千代田区民と在勤者を中心とするボランティア・グループ一般社団法人『ちよだニャンとなる会』。

主な活動内容としては……

1.「飼い主のいない猫」を一時保護して、去勢・不妊手術を行い、元の場所に戻す「TNR」、いわゆる「地域猫」活動

2.猫を「家族の一員」として迎えてくれる家庭を見つけて「譲渡」する活動

3.ホームページ、フェイスブック、会報、イベントなどを通じての情報の受発信

ちよだニャンとなる会』の公式フェイスブックページでは、レスキュー情報や今までに保護されてきたネコたちの今の暮らしぶり、譲渡会のお知らせなど日々の活動内容報告を見ることが出来ます。

そして現在このボランティア・グループの活動支援の一環として、同会オリジナルのチャリティ・トートバックが発売中です。

150604bag01

人気イラストレーターの島内美和子さんがボランティアで書き下ろしたこちらのトートバッグは、『ちよだニャンとなる会』が出店したイベントでもランチバッグにぴったりと大人気だったそう。売り上げは全額ネコたちの医療費として活用されるとのこと!

あなたのお買いものがネコたちの命を救うことにつながります。詳しくはこちらのページをチェックしてみてくださいね。

[一般社団法人ちよだニャンとなる会]
ちよだニャンとなる会 [フェイスブック公式ページ]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense