現代人というのは、人生をスムーズにするために様々なモノを作り、壊し、捨てるというサイクルを繰り返すようになってしまいました…。

150604vic02

ということを嘆き、自身の作品の中で「傷」「失敗」「歪み」などを生かした形で表現する、オランダのアーティストVictor Sonnaさんが作り出す自転車がちょっと凄い。

150604vic01

150604vic03

廃メタル素材を駆使したレトロフューチャー感が溢れる自転車シリーズ。ハンドル部分も車輪部分も、どこを見ても錆びたり傷んだりしてボロボロになってしまった鉄材が使われているのですが、ちゃんと乗って走れるんですよ、これが。

150604vic04

自転車で走るその軌跡が決して真っ直ぐではなく蛇行してしまうように、人生というのも蛇行しながら進むもの。自転車に乗っている時には蛇行なんて気にしないで目的地に向かってまっしぐらになるのだから、ある意味人生においてももっと楽観的に蛇行してもいいんじゃないか…? そんな投げかけが彼の動画からも伝わってきます。

外観からしてとても目立つ、オンリーワンな自転車。日本じゃちょっと走れないかもしれませんけどね…。

150604vic05

他にも様々な作品が掲載されている彼のホームページもぜひご覧ください。

victor sonna combines aged industrial elements into ipsum bicycle [via designboom]
Play [Victor Sonna]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking