SHARE

日本の伝統工芸の美しさにため息。

『Haori Cup』は波佐見焼のカップと博多曲物のスリーブがセットになったタンブラーです。

その名の通り、カップが羽織り物を着ているかのようなデザインです。擬人化されているっぽくてカワイイ。

20150603_haoricup03

博多曲物は1枚の板に水を加えながら柔らかくして木を曲げていく伝統的な方法です。プラスチック製品の普及で衰退し、現在加工業者は2つのみ。その1つの工房である柴田氏の工房で編み出されています。

20150603_haoricup04

温かいお茶などはもちろん、冷たい飲み物でも曲物の木が結露を吸ってくれるので、快適に使うことができます。

20150603_haoricup05

いわゆる日本のわびさびを感じさせるデザインは、オフィスやお家に置いておくことで、その風景は美しいものとなるでしょう。

20150603_haoricup06

現在クラウドファンディングのKickstarterで資金調達中で、42ドルで1つの『Haori Cup』を購入することができます。カップのカラーバリエーションはサケ(ホワイト)、カフェ(ブラウン)、グリーンティー(ライトグリーン)、サクラ(ライトピンク)の中から選ぶことができます。何個か買えるプランも用意されているので、詳しくはコチラのページをご覧下さい。

和の様式美を味わいたい方はどうぞ。

Haori Cup [Kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense