街の壁などに描かれる「グラフィティ」は若者のものだけじゃないんだ!

ポルトガルのリスボンを拠点に活動する、65歳以上の方々にもストリートアートを体験してもらおうというプロジェクト「LATA 65」。

150601ECLata2
150601ECLata3

「LATA 65」は、ストリートアートに必要なスプレー缶、手袋、マスク、ステンシルシートなどを貸し出し、その使い方を教えるワークショップを開催。そして、事前にきちんと許可を受けた壁にスプレーを吹き付けて、文字や絵を描くイベントを行っています。

150601ECLata8
150601ECLata5
150601ECLata4

おじいちゃんもおばあちゃんも楽しそう。

150601ECLata6

ストリートアートというと、若者たちの「落書き」であったり、「街の景観を悪くするもの」という印象もあるかもしれません。でも、このプロジェクトを通して、描く側、見る側をどんどん増やし、ストリートアートへの理解を深めていきたいのだそう。

150601ECLata7

ワークショップでは、こんな風にしっかりミーティングが行われています。

ちなみに、「LATA 65」のLATAは「缶」という意味のポルトガル語、65は年齢を表しています。今後、リスボンだけでなく、ポルトガル国内に活動を広げていきたいのだとか。

いつでも「若者の文化」は批判されるものなのでしょうか?

いえいえ。

今後は、趣味が「グラフィティ」というファンキーなおじいちゃんやおばあちゃんも現れるかもしれませんよ。

Awesome Elderly Street Artists Destroy Age Stereotypes In Portugal [boredpanda]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking