林 美由紀

林 美由紀


自分で棚を作ったり、スツールを作ったり。

そんな風に自分好みにカスタマイズすることができたら、きっと、毎日の暮らしがもっと楽しくなるに違いない。

でも、DIYというと、経験の少ない女性にはちょっと大変と感じてしまうかもしれません。それならば、「tukuriba」に足を運んでみてはいかがでしょう。

150623ECtukuriba1
150623ECtukuriba2
150623ECtukuriba3

東京都世田谷区にある玉川高島屋S・Cガーデンアイランド1Fにある「tukuriba」は、「初めての女性でもできるDIY」をコンセプトに、誰もが手ぶらで来て、思う存分DIYを楽しむことができるワークスペースとなっています。

こんなものがつくりたい! でも、どうすれば…。

150623ECtukuriba7
150623ECtukuriba8

そんな時でも、女性スタッフのみなさんが、親切に相談に乗ってくれるそうですよ。

150623ECtukuriba1

DIYに必要な工具はレンタルすることができ、木材や塗料は店頭でも販売しているので、お店の人に相談しながら、材料をそろえ、ワークスペースで製作をすることもできそうです。

150623ECtukuriba5
150623ECtukuriba6

のこぎりやカナヅチを使って木工を楽しむことができるスペース「tukuriba(ツクリバ)」、電動工具を使わず、静かに製作に没頭することができる「atelier(アトリエ)」、開放的な屋外でDIYを堪能することができる「garden」など、季節や気分、作りたいものによって、ワークスペースを選ぶことができます。

仕事帰りや週末にものづくりに没頭するなんて、楽しそう。

欲しい家具はつくる時代に。ぜひ、tukuribaで世界でひとつだけの「自身作」をつくろう!

tukuriba

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking