SHARE


イギリスで最も有名な川と言えば、ロンドンの街を南北に分けているテムズ川。

このテムズ川から派生した小さな川がロンドン市内にはいくつも流れています。小川にはお風呂もトイレもベッドルームもリビングルームも完備された船を浮かべ、その船を住居して暮らしている人達もいます。

小川沿いの細い歩道には朝夕方になると多くの学生や社会人の人達が徒歩、自転車で行きかいます。この歩道を使っているのは人間だけではなく、小川に暮らすアヒルやカモたちもこの細い通り道を利用しているんです。

そんな野生の動物たちに敬意を表して先日、イギリスの運河を管理する団体カナル&リバートラストによって面白い試みが行われました。

150526あひる01

細い歩道にペイントされた『アヒル専用レーン』。

キャンペーンのスローガンは、『share the space, drop your pace(場所を共有しよう、あなたのスピードを落として)』。

アヒルのイラストと共に数日間、ロンドンをはじめ、マンチェスターやバーミンガムなどのイギリスの都市にペイントされ、小川沿いを行く人々の目を楽しませていましたよ。

What a quacking idea! London’s canals get a new duck lane [Timeout London]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense