SHARE


子供のころ、ダンボールを使って工作を作った経験のある方も多いのではないでしょうか?

大人になっても、自分の好きなものをダンボールで作り続けていたら「本物そっくり」になってしまうこともあるようです。

アメリカのナッシュビルで活動するアーティストDevin Drake氏は、まさにダンボールだけでアート作品を作り続けているアーティストでした!

その作品が「Recycled Life Creations」というもの。

150524_cardboard1

宇宙飛行士のヘルメットを題材にした作品。繊細な作りでありながら、冒頭の写真のように実際に被ることもできます。

150524_cardboard2
150524_cardboard3

こちらは、動物を題材にした2作品。まるで、木彫りの彫刻のようにみえますが、実は100%ダンボール製。動物の肉付きや、毛並みの細かさに、「本当にダンボールで作ったの?」と思ってしまいそうなほど。

150524_cardboard4

こちらはスニーカーが題材の作品。もちろん、靴ひも部分もダンボール素材でできたものを通しています。

150524_cardboard5

エレキギターの定番「テレキャスター」を題材にした作品。全体的なフォルムはもちろん、ギター弦や、ブリッジ部分などサイズ感まで本物そっくりです。実際に音が出るのではないか思ってしまいそう。



ダンボールの“工作”の領域を超えて、完成度の高いアート作品を創作しつづけているDevin Drake氏。

題材にする作品は、生き物から楽器まで非常に幅広いものを作品にしています。「次は、どんな作品が登場するかな?」と楽しみになってきますね。

[Recycled Life Creations]
Recycled Life Creations [Facebook]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense