SHARE


いまや生活の一部。メールや電話だけでなく、さまざまな情報を得たり、コミュニケーションを図るのに欠かせないスマートフォン

でも、そのスマートフォンはどんな風に作られているのか、知っていますか。

例えば、スマートフォン部品を作る工場では、長時間、安い賃金で人々が働かされています。中には、16歳未満の児童が働いていたケースもありました。

コンゴ共和国では、スマートフォンを作る時に必要なスズなどの鉱物資源が採掘されますが、国内の武装勢力がこの鉱物を取得することで、彼らの資金源となっているという現実があるのだそう。

つまり、私たちがスマートフォンを1台持つ、その背景にはたくさんの人の命がかかっているということなのです。

150522ECfairphone1

そこで、みんなが幸せになるスマートフォンを作ろうという試みが「FairPhone」。

オランダのスタートアップが始めたこのアイデアは、現状とは正反対の考え方、製造工程を実現すること。

150522ECfairphone2

・労働者に公正で安全な労働条件で働いてもらって作る
・すぐに買い替えるのではなく、長く使ってもらえるようなものを作る
・紛争地域の鉱物は使わないで作る
・部品メーカーなどのリストを公表する

など、クリーンで透明な製造過程を経て、完成させるのが「FairPhone」なのです。

私たちの生活と切っては切り離せないスマートフォン。

その背景にある問題を解決しようというこの試みが、世界を変える1歩となる。きっと、なる。

Fairphone

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense