みなさん、インド、特にムンバイ、と聞いてどんなことをイメージしますか?

スラム街や路上を自由に歩く牛? ぼったくりの土産物屋やタクシー運転手? それとも、世界遺産に登録されている駅舎やタージマハルホテルでしょうか?

インドで暮らしていると、以前から思い描いていたイメージ通りのことも、そうでないこともたくさんあります。

ムンバイは、わたしが思っていたより都会的な街でした。

なかでも意外だったのは、おしゃれなカフェがたくさんあること。これから、ムンバイの個性豊かなカフェカルチャーをお伝えしていきたいと思います。

まずご紹介したいのは、ムンバイのファション&カルチャーの発信地Kala Ghoda(カラ・ゴーダ)地区にある「Kala Ghoda Café」です。

150521_kgc01
150521_kgc02
150521_kgc03

テーブルが7つほどの小さなお店ながら、店内はいつも近所のアートやファッション業界とおぼしきお客さんでいっぱい。

おすすめはコーヒー。チャイに代表されるように、インドではコーヒーよりも紅茶文化が主流と言われていますが、こちらではエコフレンドリー&サスティナブルな農法で栽培している農園と契約し、オリジナルブレンドのコーヒーを提供しています。

コーヒー豆も購入できます。栽培方法がナチュラルなだけでなく、利益を地域の環境保全にも生かしているそうです。

150521_kgc05

フードメニューはワッフルやパンケーキ、サンドイッチなどのシンプルなものがメインですが、こちらもオーガニックの全粒粉を使用しています。

自家製のパンも購入できます。

150521_kgc06

このカフェがあるKala Ghoda地区周辺にはギャラリーや美術館が点在しており、おしゃれで文化的な雰囲気が漂っています。こちらのカフェもギャラリーを兼ねていて、今回訪ねた時も写真の展示をしていました。

観光やショッピングの合間にちょっとひと息つきながら、ムンバイの今のカルチャーシーンを感じるのにおすすめのカフェです。

150521_kgc07

[Kala Ghoda Café]
(シーフードで有名なレストラン、Trishnaのななめ前です。)

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking