SHARE


トイカメラの代名詞とも言えるLomoの人気カメラ「LC-A」。フィルムカメラらしい味わいに加え、独特の周辺減光や、ハイコントラストな写りに夢中な方も多いのではないでしょうか?

ただ、LC-Aの写りは好きだけどフィルムはちょっと不便だから、デジカメでばっかり撮っちゃうそこのあなた。デジカメでLC-Aの写りを楽しんでみませんか? このレンズを使って。

150520-minitar1

それがこの「Lomo LC-A Minitar-1 Art Lens(2.8/32M)」。そう、LC-Aのレンズを交換レンズにしたものです。マウントはMマウントなので大体の一眼カメラでアダプタ経由で利用可能です。もちろんMマウントの代名詞Leicaで撮るのもOK。

このMinitar-1で撮れば、デジカメでもLC-Aの独特の写りを楽しむことが可能です。もちろんデジタルなので、コンピュータで現像処理も簡単にできちゃいます。

150520-minitar2

また、お気に入りのフィルムカメラにつけてLomoのフィルムを使えば、その写りはTHE LOMO。お気に入りのカメラでもトイカメラのように撮れるわけです。

150520-minitar3

発売時期は今年の8月頃とのこと。価格は45,800円で現在プレオーダー期間中です。少量生産とのことなので、興味のある方は急いだほうがよさそうですね。



Image by Lomography

Lomo LC-A Minitar-1 Art Lens [Lomography]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense