SHARE


全世界で1億枚以上のアルバムセールスを誇るロックバンド、ニルヴァーナのフロントマン、カート・コバーンがシアトルの自宅で亡くなったのは、1994年4月5日のこと。27歳の早過ぎる死でした。

あれから21年経った今年、カートの遺族が初めて公認した決定版ドキュメンタリー『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』が完成。1月にユタ州で開催されたサンダンス映画祭にてプレミア上映され、大きな話題を呼びました。

150513Cobain-02

その後、アメリカやイギリスの一部の劇場で公開され、米HBOで放送された今作を「早く観たい…」と待ちこがれていたあなた(と私)に朗報です。『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』が6月27日(土)から1週間限定で、全国の劇場にて公開されることが決定しました。

“史上最も革新的で、カート・コバーンの全てをさらけ出したドキュメンタリー”と評されている映画は、ロック界に変革をもたらし、他界してからもなお多くの人々に影響を与え続けているカート・コバーンに、かつてない手法で迫った作品です。

150513Cobain-05

監督・脚本は「On the Ropes(原題)」でアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされたブレット・モーゲン。製作総指揮は1歳で父親を亡くしたカートの愛娘フランシス・ビーン・コバーンが務めています。

8年ほど前から今作の準備を進めていたモーゲン監督は、遺族からの全面協力を得て、200時間を超える未発表楽曲と未公開映像、日記、油絵や彫刻などのアート作品、写真等、カートの私的なアーカイブを自由に閲覧する権利を与えられました。

150513Cobain-04

さらにカートの家族や、バンドメンバーで友人のクリス・ノヴォセリック、カートの妻コートニー・ラヴら、これまで口を閉ざしてきた近親者のインタビューも収録。今日に至るまで偶像視されてきたカートのパーソナルな部分を如実に描き出しています。

唯一無二のカリスマ性と才能を持ちながら、誰よりも繊細だったアーティスト、カート・コバーンを幼少期から追い、不可能と思われる程の距離で彼の生涯に迫ったという今作は、ファンのみならず観ておきたい1本。劇場公開時にはモーゲン監督の独占インタビュー映像も上映されるそうです。

COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック
監督・脚本・製作: ブレット・モーゲン
音楽: カート・コバーン & NIRVANA
製作総指揮: フランシス・ビーン・コバーン
Copylight © 2015 End of Movie, LLC All Rights Reserved.
公開日程: 2015年6月27日(土)1週間限定 全国ロードショー
料金: 全国共通前売鑑賞券 ¥2,000(税込) / 劇場販売 ¥2,200(税込)
チケット: 全国共通前売鑑賞券 5月15日(金)12:00〜6月26日(金)23:59
イープラス(PC、モバイル共通)
※全国のファミリーマート店内の端末「Famiポート」にて販売
※各映画館から発表される上映スケジュール決定後、映画館にて座席指定券との引き換えが必要です。
■イープラスチケットのお問い合わせ:0570-07-5050(10:00~18:00 オペレーター対応)

COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』 [ライブ・ビューイング・ジャパン]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense