そばにあるだけで不思議と心が和む植物たち。

でも、庭はないし、ベランダだって狭いから、育てられないと諦めている人におすすめなのが、鉢を吊るしたり、掛けたりして楽しむハンギングです。

150513_green_001

教えてくれるのは、多くの園芸愛好家たちを魅了する人気店「フローラ黒田園芸」の黒田健太郎さん。

上でご紹介したハンギングは真っ赤なベゴニアが印象的ですが、こんなにたくさんのお花を買わなくても大丈夫。

たった3株で作れるスタイルもあります。

150513_green_002

星の形をした小花が愛らしいペンタスは、夏の暑さにも強く、これからの季節にぴったり。

でも、水やりが大変そう…。枯らしちゃうかも…というビギナーさんなら、室内でゆらゆらとモビール感覚で楽しめる、多肉植物はいかが?

150513_green_003

日差しが差し込む窓辺に飾り、乾いたかな?と思ったら霧吹きでシュッシュと水をあげるだけ。ね、簡単でしょ。

150513_green_004

お気に入りのポストカードと一緒に飾れる、こんなアイデアも素敵! 使っているのは、土がなくても育つ、エアープランツです。乾燥にも強い植物だから、ズボラさんでも安心です。



ハンギングなら植物が身近にある暮らしを気軽にスタートできます。

あなたも始めてみませんか?

150513_green_005

フローラ黒田園芸が教える ハンギングを楽しむ寄せ植えノート
黒田健太郎(著) 北川鉄雄(撮影) 家の光協会

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking