やわらかでツルツルで、ふかふか。

なんてかわいいんだろう。

ユーモアのある、そして、楽しいプロダクトを発表している、東京のファーニチャーブランド「kamina&C」。そのディレクターでありデザイナーのTakeshi Sawadaさんがデザインしたのは、思わず、座るのをためらってしまいそうなアニマルチェア

150511ECkaminacchairs1
150511ECkaminacchairs2
150511ECkaminacchairs3

バンビやひつじ、牛などをモチーフにデザインされたイスは、本物のような質感にデフォルメされた角やしっぽがなんとも絶妙。

150511ECkaminacchairs4
150511ECkaminacchairs5

座りたい、でも、座れない。

そんな気持ちになりそうです。

このチェアをデザインしたTakeshi Sawadaさんの作品は海外の展覧会でも評価されています。

150511ECtakeshisawada

そんなSawadaさん、今年2015年4月14日~19日にイタリアで行われた「ミラノサローネ2015(ミラノサローネ国際家具見本市)」では、新作「wood layer」を発表したそうです。

150511ECtakeshisawada1
150511ECtakeshisawada4

「wood layer」は木工作業をする際にできる、本来ならゴミとして廃棄されるだけの木屑に新たな素材としての価値を見出し、資源の有効活用を図る試みとして作られました。

木屑そのものの表情や質感、形状を活かすことで、今までに表現されてこなかった新たな木の魅力を引き出した作品となっています。

きっとこれからも、つい微笑んでしまうような、そして、ハッとビックリさせられるようなプロダクトが生み出されていくに違いありません。

今後もTakeshi Sawadaさんの作品が楽しみです!

kamina&C

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking