SHARE


ニューヨークに住んでいると、どこに行くにも、各エリアを愛称で呼ぶことに慣れるようになります。

でもよくよく考えてみると、どうしてそう呼ばれているのだろう? 今日は、代表的なエリアの名前の由来を簡単にご紹介します。



例えばダウンタウンの“SoHo” (ソーホー)

これは、”South of Houston Street”の略。「(マンハッタンを東西に走る大きな目抜き通り)Houston Streetの南」という意味です。同様に、その北側をNoHo (”North of Houston Street”)と呼ぶこともあります。



同じくダウンタウンの“TriBeCa”(トライベッカ)映画祭でも有名ですね。

150509ny_1

これは、”Triangle Below Canal Street”の略です。こちらは、「(Houston Streetより少し南の位置に、同様に東西に走る)Canal Streetの下の三角地帯」という意味です。



マンハッタンからもう一つ、“Nolita”(ノリータ)

150509ny_3

マンハッタンにはチャイナタウンのすぐ近くにリトル イタリーというイタリア街があります。その「イタリア街の北のエリア」、という意味の、”North of Little Italy”でノリータです。



最後にもう一つ、ブルックリンから。ブルックリンブリッジやマンハッタンブリッジのふもとで、アートの集まる場所として大注目のエリア、“Dumbo”(ダンボ)

150509ny_2

こちらは、”Down Under the Manhattan Bridge Overpass”で、「マンハッタンブリッジ高架線の下」という意味の略です。ディズニー映画とは関係はないのです。



このように、ニューヨークの各エリアの愛称は、実は多くがアクロニム(各言葉の頭のレターをとって作られた略称)です。東京と横浜を繋ぐのが東横線、東京と名古屋を繋ぐのが東名高速道路なのと、似た感覚です。

夏休みにニューヨーク旅行の計画をされている方、是非この愛称に慣れて、ニューヨークの街をスムーズに散策してみて下さいね。あの通りの北側、南側、といった部分まで覚えていると、地理感覚もより湧きやすくなりますよ。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense