林 美由紀

林 美由紀

2


これは画期的かもしれない!

お掃除の方法はいろいろあるけれど、「掃き掃除」といえば、ほうきで掃いて集めて、ちりとりでゴミやほこりを取り、ゴミ箱に捨てる。

そんな当たり前の掃除の方法が変わりそうなのです。

Bruno」は、掃除機とゴミ箱が合体したようなもので、ほうきで掃いたゴミをBrunoの吸い込み口に持って行くと、掃除機のように吸い取ってくれます。

150508ECBruno2

ゴミは本体のゴミ袋にそのまま取り込まれます。

150508ECBruno

そして、スマートフォンと連動することで、ごみの収集日を教えてくれたり、内蔵のゴミ袋の交換時期を教えてくれるのだそう。

これなら、集めていたゴミが風で飛んで行ってしまったり、誰かに蹴散らされてしまうことも起こりませんね。

それに、掃除機と違って音が静かなので、夜遅くなど掃除機をかけづらい時間でも気兼ねなく掃除をすることができそうです。

現在、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達中です。既に目標額は達成しているので、製品化されそうですね。

ありそうでなかった。なさそうであった。

お掃除が楽ちんになりそうです。

Bruno [Kickstarter]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking