自分の好きな配列にキーボードを組めたらなぁ…

ショートカットキーを多用するクリエイターやゲーマーの方なら、一度はそんな想像をしたことがあるかもしれません。

実は、そんな想像現実になったキーボードが登場しました! それが、ブロックを組み立てるように自分だけのとっておきなキーボードが作れる「Trickey」というキーボード。

なんと、東京大学工学部の学生が講義の課題として開発したそうです。

150503_trickey1

好みのキーをボード上に組み込めるだけでなく、ボード自体を拡張していくこともできる優れもの。PC上で使うソフトウェアに応じて自由自在なのが嬉しいですね。

150503_trickey2

あらかじめキー自体に文字を登録して置くことができるので、一度登録しておけば、あとは組み立てるだけでOK。

キーデザインは、紙に印刷してキーの中に組み込むことができるので、工作気分が味わえます。また、デザインのテンプレートがWebサイトからダウンロードできるので、デザインに自信が無い方でも安心です。

150503_trickey3

キーボードのショートカットを使いながらペンタブやMIDIコントローラーを使う時、場合によってはデスクをはみ出してしまうことがあります。

150503_trickey4

しかし、「Trickey」ならデスクのスペースに余裕が生まれます。そして、使うキーだけを選べるので押し間違う心配もなく、作業の集中力もアップしそうですね。

150503_trickey5

さらに、テレビゲームのコントローラーのような使い方も。いままで、パソコンデスクでしかできなかったゲームも、ソファに座りながらリラックスしてプレイなんてこともできちゃいます。

この「Trickey」は、クラウドファンディング事業を手がける株式会社キビテクと協力し、Kickstarterにて2015年5月10日まで出資を募っているそう。スタンダードキットが数量限定で99ドル(通常は139ドル)から受け付けているそうなので、気になった方はチェックしてみては?

Trickey – Any key, anywhere![Kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking