お部屋の掃除の概念が覆りましたよ、これで。

150502mab06

スウェーデンのストックホルムに拠点を置く世界的な家電メーカーElectroluxが毎年開催している、次世代の家電コンセプトコンペティション「Design Lab 2013」で見事Winnerとなった「MAB」。

150502mab01

このボール型のマシンから無数の小さなロボットが出てきて部屋中を飛び回り、埃や汚れを取り除いてくれるというコンセプトなんです。

150502mab03

908台の小さなロボットがパタパタと羽ばたいて飛び、下部の接触部が床やその他の汚れ部分に接触します。接触部には汚れを分解してくれる混合液が付着しており、これが汚れを直接分解し、ロボットが吸い取ってくれるというもの。

150502mab08

ロボット一つは小さなコインサイズ。羽根をパタパタさせます。汚れを吸着させたロボットはボールに戻って接触部を「洗浄」し、次に飛び立つまで待機するわけですね。

150502mab09

ボールから大量のロボットが飛び立つ姿は、なんかちょっと気持ち悪いかも。忙しくてお掃除できない方のためのものということで、部屋が無人の時に作動します。

150502mab05

基地となるボールはタッチパネル仕様のコントロールセンターに。部屋の様子に合わせてプログラムしたりできるようです。

150502mab04

それぞれの部屋についてタイマーをセットするなど、細かい設定が可能。

150502mab10

部屋の中をスパイラルに行き巡りますが、行路を2パターンにし、2サイクル稼働することによって隅々まで漏れ落としなく部屋をお掃除するわけですね。

150502mab02

それにしてもこんな小さなロボットが本当に実現できるのか、という疑問が残ります。

150502mab07

緻密な設計となっていますが、実はこのコンセプトには前段階となる研究があります。

150502mab11

すでに1セント硬貨サイズのフライングロボットは開発が進んでいるという話が。ハーバードのマイクロロボット研究室にて、実際に飛んでいる様子を撮影しています。

こうしたコンセプトが実現するまでにはまだまだ時間が掛かりそうですが、夢のような企画ですからね、いつか実現する日が来たら面白いと思いませんか?

Mab [Electrolux Design Lab]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking