Artists and Their Cats』。

タイトルの通り、偉大な芸術家と、生活を共にするネコとの一瞬を切り取った写真集。

想像もできない別世界に住んでいるイメージの偉大な芸術家たち。でも、ネコと戯れる様子は、彼らもわたしたちのネコに対する接し方と全く同じ。同じ感情を共有する人間だということを、実感する写真集です。

上の写真は、22歳でワシントンDCのベトナム戦争戦没者慰霊碑の設計をし、「平和の建築家」とも呼ばれるマヤ・リンと彼女のネコ。強いビジョンを持つ彼女も、まるで絵のように美しいネコを前に、あどけない表情が伺えます。



150423artistscats01

サルバトール・ダリのお友達は、ダリの世界観にそのまま命を与えたようなヒョウ柄ネコ。よい理解者だったんだろうな、と仲の良さが分かる写真。



150423artistscats02

アンディ・ウォーホルの愛猫は、良い子に座りながらもなにか鋭いものを感じます。アンディ・ウォーホルにしてこのネコあり!という感じ。



150423artistscats03

ファッションフォトグラファーのハーバート・トビアス。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのニコを発掘した人物でもある彼のネコはとびきり美人な黒ネコ。ため息が出そうな美形親子



150423artistscats04

中国の現代美術家アイ・ウェイウェイは、なんと40匹のネコと過ごしているそう。



150423artistscats05

ジャン=ミッシェル・バスキア。独特の画風で自由奔放だった彼。苦悩の時も側にいたのはきっとこの子だったんですね。



他にもピカソ、フリーダ・カーロ、クリムトからパティ・スミス、ウィリアム・バロウズや、ジョンとヨーコのネコたち、ジャンルも映画監督、建築家、ミュージシャン、画家と多岐に渡る全50人のアーティストのネコとの触れ合いがコレクションされています。

例えば、ジョンとヨーコの2匹のネコは、白ネコがpepper、黒ネコがsaltだったなんていうストーリと一緒に。

ネコ好きにも、アート好きにもオススメしたい1冊です。日本語でも「アーティストが愛した猫」として出版されています。

オリジナルの英語版はコチラから、日本語版はコチラからお求めください。

Artists and Their Cats [CHRONICLE BOOKS]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense