みなさん、コーヒー飲んでいますか?

筆者は毎日コーヒーを飲みます。コーヒー中毒です。飲まない日はありません。

ハンドドリップコーヒーは文句無しにおいしいのですが、あらかじめ挽いておいたコーヒー豆は風味が落ちているので、その都度豆から挽いて淹れるようにしています。

でも、ドリップコーヒーは手間と時間がかかるし、何より豆を大量に消費する性分なため、コストパフォーマンスがあまりよろしくありません。そこで平日の忙しい朝は、直火式エスプレッソマシンで入れたコーヒーを薄めて飲んでいました。

この方式だと、挽いてある豆でも風味が落ちずにおいしいコーヒーが飲め、火にかけるだけで出来上がるので楽ちんです。
さらに、ドリップコーヒーよりも豆の使用量が少ないため、コストパフォーマンスも抜群です。

直火式エスプレッソマシンで、お手軽なコーヒーライフを楽しんでいましたが、ある日取手部分が壊れてしまいました……。そこで、新たなコーヒーマシンを探すことに。

お手軽で、おいしくて、そしてコーヒー豆をあまり消費しない……と調べた結果、「ナポリ式コーヒーメーカー」なるものを発見しました。

150501_DSC_0537

こちらがそのナポリ式コーヒーメーカーです。商品名はカフェ・ナポレターナです。

探すといろいろなメーカーが製造しているナポリ式コーヒーメーカーは、17世紀からナポリで使用されたといわれています。ナポリでは、コーヒーが落ちる時間を優雅に楽しんでいるそうで、その歴史を聞いて、ますます興味が沸きました。

150501_DSC_0551

カフェ・ナポレターナの中身です。左から注ぎ口のあるサーバー、コーヒー豆を入れるフィルターとカバー、右にあるのはお湯を沸かすボイラーです。

150501_DSC_0564

フィルター部分に細挽きのコーヒー豆をセットし、蓋をしてお水を入れたボイラーに入れます。

150501_DSC_0576

ボイラーの上部にサーバーをセットして火にかけます。おおよそ3分ほどでふつふつと音がしてきます。

150501_DSC_0589

沸騰したら、蓋をつけてくるりと上下逆さにします。これはヒックリ返した図です。先ほどは注ぎ口のあるサーバーが上だったのですが、下になっていますね!

この行程がなかなか緊張です。一気にえいっとひっくり返します。

150501_DSC_0596

コーヒーが落ちる時間をナポリ式に楽しんで(大体3〜5分ほどでしょうか)、カップに注いで出来上がり。

気になる味はというと、コーヒープレスとドリップコーヒー、エスプレッソを混ぜたような感じです。濃厚だけれども、どこかさっぱりとした味わいのコーヒーです。私は薄めが好きなので、お湯で少し薄めて飲んでいます。

とにかく手軽で、作る行程が楽しいです。そして味もおいしく、とても気に入っています。コーヒーライフがますます楽しくなりました。

コーヒー好きのみなさん、「ナポリ式コーヒーメーカー」を一度試してみてはいかがでしょうか?

[カフェ・ナポレターナ]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking