カーブで織りなされる美しい造形のイス。

これに、本当に座っていいのかしら。

ポルトガル人建築家のEduardo Benamor Duarteさんがデザインしたのは、なんとも繊細な出で立ちのイス。

150413ECEduardo-Benamor-Duarte

何本もの木のパーツを組み合わせ、白いフレームで支える構造になっています。

150413ECEduardo-Benamor-Duarte2

動きがあるデザインが素敵。

目の前にこのイスがあったら、座っていいのか迷ってしまいそう。

A CURVY CHAIR FOR BEST-SELLING WRITER PAULO COELHO [designmik]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking