SHARE


夢の中のような静かな世界。オオカミと子供が向かい合ってじっとしています。

上のタイトルはComforting Sounds(慰めの音)。いったいどんな物語が、この1枚に隠れているのでしょうか。絵の前に座り込んで、じっと考え込んでみたくなります。

描いたのはインドネシア初のElicia Edijantoさん。現在はジャカルタ在住とのことです。

彼女の絵の特徴はモノクロの水彩絵の具で描かれていることです。日本人には、水墨画のようで親しみがわく色合いですね。

150415BW2

150415BW3

150415BW4

どの絵もはっきりとした背景がなく、子供たちは体の線だけが描かれています。場所も時間もぼんやりとした白黒写真のようですね。

交通やメディアの発達によって世界のどこにでも行ける時代。でも、この絵が私たちを連れて行ってくれるのは、どこでもない場所です。

こちらからも作品が見られます。

Dreamy Black and White Watercolors by Artist Elicia Edijanto [FREEYORK]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense