フランス・パリの象徴であるエッフェル塔。年間700万人もの観光客が世界中から訪れる、言わずと知れた人気スポットです。

そのエッフェル塔の2階部分である地上127mの地点に、最近、新たに風力発電用のタービンが2つ装着されました。

このタービンのブレードがくるくると回ることで、年間10,000kwもの電力を節電できるようになりました。

150413_eiffeltower

©Urban Green Energy

Marcel Green」によると、エッフェル塔がエコ化しているところはこれだけにとどまらず、

・窓の位置を変えて、夏の強い太陽光を25%カットすることで、クーラーの電力を削減
・雨水を回収するシステムを設置して、水洗トイレで使用
・イルミネーションにLEDライトを導入して、電力を削減
・パビリオンにソーラーパネルを設置して、電力を削減

といったエコ対策が施されているそうです。

歴史ある建造物が永く愛されるためには、時代に合わせた努力を続けていくことが大切なのかもしれませんね。



TopImage:Eiffel Tower via Shutterstock

知ってた? エッフェル塔が「エコ化」している [MYLOHAS]

text by 野本纏花

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking