「地上で読む機内誌」をコンセプトに、読者を“架空の旅”へと誘惑するコンテンツを提供する『PAPER SKY』。そこのクラブ活動のひとつで、ニッポンの魅力を再発見する人気プロジェクトが「ツール・ド・ニッポン」です。

TDN002

「ツール・ド・ニッポン」とは、どんなプロジェクトなのか? 公式サイトにはこう書かれています。

自転車で ふれる 感じる
日本の魅力 再発見の旅プロジェクト
人から人へ、ニッポンの大事なヒト・モノ・コトを
少しずつ、確かに、伝えていくプロジェクトです

これをルーミ的に解釈すると、みんなでサイクリングしながら、おしいものを途中で食べたり、町の人とおしゃべりしたり、その土地の自然を体で感じたりして、ニッポンの魅力を再発見しよう、という間違いなく楽しそうなイベントなんです。

これまで東京を含む13の町で開催されてきた「ツール・ド・ニッポン」。今回は、5月31日(日)に香川県の「小豆島」で開催が決定。現在、参加者を募集しています。

潮風を感じながら、坂道を自転車でかけおりる爽快感…。考えただけでも気持ち良さそうです。

イベントの様子は、こちらの動画から感じ取ることができます。

前日には旬の食材を使った島ごはんを囲む晩餐会も開催。せっかくならセットで参加したいところですね。ああ、きっとおいしいんだろうなぁ。いいなぁ…。

参加希望の方は、コチラの公式サイトから応募できますよ。

ここだけの話、最近ルーミーも“瀬戸内”が気になってたところ。もしかしたら誰か参加してたりして…?

Tour de Nippon in Shodoshima [PAPER SKY]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking