ギターを演奏する方にとって、意外と悩みの種となるのが機材の多さ。

ピアノやドラムと比べて小さいとはいえ、ギター本体やシールドケーブル、エフェクター、人によってはアンプなども持ち運ぶとなると持ち運ぶのは大変です。

ライブをする時はしかたないと思いつつ、ちょっとした練習やレコーディングの時くらいは気軽に持ち運びたいですよね。

そんな夢を叶えてくれそうなギターが、クラウドファンディングサービスKickstarterで出資を募っています(2015年4月21日執筆現在)。それが、iPhoneやMacと接続して使えるワイヤレスギター「jamstik+ The SmartGuitar」。

150421jamstik1

形状はギターのネック部分を切り取ったようなフォルムをしており、小型で軽量。お手持ちのiPhoneなどのiOS端末やMacにBluetoothでワイヤレス接続すればすぐに演奏できます。

150421jamstik2

専用のレッスンアプリを立ち上げれば、コードや運指の確認もばっちりできるのでギターを始めたばかりの人でも安心ですね。ギターの弦も本格的で、チョーキングなどギター独特な演奏方法もできちゃいます。

そして、エレキギターの歪んだ音色からアコースティックな音色まであるので、これ一本でジャンル問わず曲を演奏できるでしょう。

150421jamstik3

ギターのネックの5フレット分のサイズなので、バッグにも入ってしまいます。ポケットにiPhone、バッグに「jamstik+ The SmartGuitar」だけ持てば、外出先でも気軽に演奏できるのが嬉しいところ。

150421jamstik4

「jamstik+ The SmartGuitar」は、単に演奏するだけのギターではありません。本体がMIDIコントローラーとして機能してiPadとMacに標準搭載されているGarageBandや、プロのレコーディングで使用されるPro ToolsなどのDAWソフトを使用しての録音にも対応しています。

DAWソフトに入っているピアノやドラム、シンセサイザーなどのプラグインソフトも使えるので、これ一本で様々な楽器を奏でられるのです。以下の動画で、ドラムからシンセサイザーまで録音している様子を見られるので参考までに。

ギターの演奏からDAWソフトを使った打ち込み録音まで、小さなボディからは想像できない幅広い機能を持っているギター「jamstik+ The SmartGuitar」。ギタリストなら一本は持っておきたい優れたアイテムですね。

Jamstik+ & Logic Pro X | Song Idea Creation[Youtube]
jamstik+ The SmartGuitar[Kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking