白坂翔

白坂翔


キルトボードにいろんなデザインのパッチタイルを並べるゲーム「パッチワーク」。見た目のかわいさとは裏腹に奥の深い、ドイツのボードゲームです。

2人専用のゲームで、まず最初にボタンチップが5つ配られます。このボタンはお金と同じ扱いになり、パッチタイルを買って、自分のキルトボードに配置していきます。買いたいパッチタイルがなければ、パスをすることでボタンをゲットすることもできます。

150420patchwork-02

パッチタイルには様々な形があり、それぞれ買うために必要な料金も違います。タイルの中には、ボタンを獲得しやすくなるものや、手番のスピードに影響するものがあるため、どれを買えばいいか迷ってしまうことでしょう。最終的にボタンチップをより多く獲得した方が勝ちとなります。

お値段は3800円。アマゾンでも購入できます。

シンプルなルールながら二手三手先を読むのが大事になってくる、じっくり系オススメゲームです!

パッチワーク[Amazon]

白坂翔

元自衛隊で元ホスト。 280種類のボードゲームで遊べるカフェ「JELLY JELLY CAFE」のオーナーです。将来の夢は、Wikipediaに載ること。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking