SHARE


六本木にある東京ミッドタウン・デザインハブで、「◯◯◯も◯◯◯も◯◯◯も 展:◯◯◯も◯◯◯といえる」、通称「ももも展」が開催されています。

この展示は、2013年に開催された「(   )も(   )も(   )も展~デザインとまなざし」の続編で、「一見デザインとは無関係なものにさえもデザイン的な要素を見いだす」ことがテーマとなっています。

様々な分野のプロフェッショナルが自ら得意とする専門分野の手法を使い、異なる分野の魅力を表現します。

たとえば、ダンボールピッカーのCarton(カルトン)島津冬樹氏は、日常に消費されていくダンボールを素材とし、身近なアイテムに加工してダンボールの素晴らしさを理解してもらうプロジェクトを行っています。今回は、「ダンボール財布」を中心に展示する予定です。

150420_momomoten_carton



実在しない都市地図「空想地図」を制作する地理人(ちりじん)氏は、人口156万人、首都西京から30kmほど南に位置する中村(なごむる)市という「空想都市」を展示します。

特に優れたところも名所もない、どちらかというと特徴のない都市のありふれた街の空気感、リアリティ、都市の普遍性を空想地図で表現します。

150420_momomoten_chirijin



東京を中心に活躍する演劇チーム・快快 -FAIFAI-(ファイファイ)は、「いないいないばぁ」などの普段何気なく使っている「ふり」から演劇的な要素を採集して発表します。

150420_momomoten_FAIFAI



他には、サッカーマガジン『SHUKYU Magazine(しゅうきゅう・マガジン)』、ナンセンスコメディを展開するコントユニットの「テニスコート(TENNIS COURT)」、モレスキンの日本ファンサイトである「moleskinerie.jp(モレスキナリー)」、精神科医として勤務しながら音楽や執筆の活動を行う星野 概念(ほしの・がいねん)氏など、さまざまなジャンルのプロフェッショナルが参加します。

デザインとは無関係に見えるけれど、違うところから見るからわかること、異なる手法を用いるから表現できることなど、デザイン同士のゆるやかな繋がりを楽しむことができる展示です。

4月25日(土)は六本木アートナイト開催のため、22:00まで開館しており、関連イベントも開催されます。

イベントも入場フリーなので、合わせて遊びに行ってみたいですね!

[「◯◯◯も◯◯◯も◯◯◯も 展:◯◯◯も◯◯◯といえる」]
会期:4月17日(金)~5月31日(日)※会期中無休
時間:11:00~19:00(六本木アートナイトの4/25(土)は22:00まで)
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ
住所:港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F
入場料:無料

【関連イベント】
[六本木アートナイト関連イベント「◯◯◯も◯◯◯も◯◯◯も 中学校(ももも中)」]
日時:2015年4月25日(土)15:00-21:00
「◯◯◯も◯◯◯も◯◯◯も 展」の参加クリエイターが、それぞれの展示内容に関連する科目を担当し、個性豊かな授業を行います。
国語:moleskinerie.jp(モレスキナリー)、地理:地理人(ちりじん)、給食:山本 千織(やまもと・ちおり)など、気になる授業のみ参加可能です。給食の時間は参加自由のオープニングパーティです。定員のある授業は事前に申し込みを。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense