フランスのデザインチームcelia torviscoが手掛けた、ヒモを縛ると明かりが付くシステムのランプ“Conductive Knot Lamp”です。

150417_knotlamp_4

コットン糸でくるまれたワイヤー同士をしばって接続させることで明かりが灯る、至ってシンプルなデザインになっています。

電池が不要なので、アウトドアにも便利そうです。

150417_knotlamp_2

もちろんオフにしたい時は、ヒモを解くだけ。使い方の動画がこちらです。

ベッドで本を読むときにも活躍しそうなアイテムです。

150417_knotlamp_3

手軽に設置できるので、自転車のランプにもいいかもしれません。

残念ながら日本では未発売ですが、早く上陸してほしいものです。

Conductive Knot Lamp [designboom]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking