楽器、そしてバイクに世界的名声があるYAMAHA。

そんな楽器のYAMAHAとバイクのYAMAHAが、デザイナーを交換してそれぞれ楽器とバイクをデザインしたら、とてもユニークでかっこいい作品が完成したのです。

20150417yamaha1
20150417yamaha3
20150417yamaha6

YAMAHAの共同プロジェクト”project AH A MAY”はフランスで行われた“Ninth Edition of the Biennale Internationale Design Saint-Etienne 2015”という展示会で発表され、多くのデザイナーやアーティストの注目を集めました。

それぞれ二つずつプロダクトを製作したのですが、さすが世界のYAMAHA、どれも圧巻のひとことです。

20150417yamaha2
20150417yamaha5
20150417yamaha7

バイクのYAMAHAがデザインしたのは、マリンバの” FUJIN”とドラムの”RAIJIN”。楽器のYAMAHAがデザインしたのはバイクの”√”と電動自転車の”0±0″。ネーミングもとてもユニーク。

どちらのYAMAHAもそれぞれのYAMAHAのメゾットや考え方を駆使し、クリエイティブなデザインを試みたそうです。

お互いのプロダクトから、どことなく楽器やバイクらしさを感じられるのはどちらの会社にとっても想定内だったとのこと。

20150417yamaha8
20150417yamaha9

YAMAHAのバイクファンや楽器ファンはもちろんのこと、作品を見ている人全てを引きつける魅力があります。

お互いのデザイナーが切磋琢磨して想像力を高め合い、互いに共有する”YAMAHA”のイメージをプロダクトに落とし込んだプロジェクト。

日本でも見ることができたらいいですよね。

詳しくはYAMAHAのサイトからもご覧になれます。

project AH A MAY

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking