世の中にはさまざまなデザインのライトが溢れている。

どんなお部屋にもしっくりくるような定番デザインのものから斬新だったりアーティスティックなものまで、ライトを取り付ける場所、そして、そこを使う人々の好みの分だけ、ライトの数もあるものですね。

まさに十人十色ならぬ十ライト十色とでもいいましょうか。

150417ECrectoverso5

そして、フランス人デザイナーBINA BAITELさんがミラノデザインウィーク2015で発表したのが、まるでブラインドのようにロールアップ、ロールダウンさせて使うことができるライトシリーズ「recto-verso」。

150417ECrectoverso2
150417ECrectoverso3

発光ダイオードの一種「OLED」は、軽く、薄い形にすることもできるそうなので、その特性を活かしたライトができあがりました。

150417ECrectoverso4

フロアランプ、デスクランプ、シーリングランプなど、用途によって使い分けつつ、また、ライトの部分をどれくらい引き出すかによって、光量を調節することもできるようになっています。

薄くて柔らかい。

そんな灯りが誕生するなんて。

新しいライトの形がどんどん広がっていきそうですね。

bina baitels OLED recto-verso lamp collection at milan design week 2015 [designboom]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking