SHARE

「アナログレコードの人気が復活している」というニュースをテレビや新聞で見かけたことはありませんか?

それも、昔の音楽を中古レコードで聴くのが流行りというわけではなく、新しい音楽をレコードで購入する人が増えているんです。

この、roomieと音楽メディア『AMP』の共同連載「#レコード女子」では、レコード好きの女子を取材し、その実態をお届けします!

第3回目に登場してくれるのは、DJとしてのみならず最近は雑誌連載等でも活躍するMAYURASHKAさん。USBやPCといったデータ音源を使ってのDJが主流となっている現在でも、アナログレコードにこだわってDJを行う彼女に、レコードの魅力について聞きました。

レコード女子プロフィール
名前:MAYURASHKA
年齢:33
職業:DJ
レコード歴:10年くらい

IMG_5027_roomie3

■レコードを買いはじめたきっかけを教えてください。

当時付き合っていた人がレコードを買って聴いていたので、見よう見まねで買ったり、クラブに行ったりして、自然とレコードが増えていきました。

■レコードを買っていることについて、恋人や友だち、家族はどんな反応をしていますか?

旦那には、平日はレコード袋をさげて帰宅し、週末には海外や通販したレコードが届くので飽きれられています。「また!?」とか「こんなに買って何になるの!?」とか言われて(笑)ちなみに旦那は洋服が好きなのですが、しょっちゅう洋服が届いているので私はそれに呆れています(笑)

■レコードの魅力とはなんでしょうか?

私にとってはすべてがかわいい。音だけじゃなくジャケットも色も重さも。深く掘るということの楽しみを教えてくれたものです。

■レコードを買っていてよかったと思うことはありますか?

最近、雑誌コラムやディスクレビュー、そしてこうやってインタビューされることが増えてきて、自分でも何かを発信ができることがあるんだなと感じられることですね。それと最近はレコードでDJをしていると珍しがられます。

レコードは贅沢品だけど、いろんなものを我慢して買っています。私はレコードの他にコーヒーも好きなのですが、ちょっと贅沢することで生活にゆとりが出るというか、効率的ではないけどそれがあることで暮らしが豊かになる感じがありますね。それがあるからもっと頑張れる気がします。

IMG_4994_roomie4

■よく行くレコード屋さんとして原宿のBig Loveを挙げていますが、Big Loveの魅力について教えてください。

最新のレコードが買えて、洋雑誌を見ながら美味しいクラフトビールも飲めて、素晴らしいミュージックビデオも見られるという、自分の欲求が一度に解消できる最高な場所。

■レコードについて話せる友だちはいますか?

います!最近どんなレコードを買ったか話したりとか。あとは自分がクラブにDJしに行ったとき、他にレコードを使っているDJがいたらお話をしますね。

■レコードに興味がある女子にアドバイスやメッセージをお願いします。

本を買ったりDVDを借りたりする気持ちでレコード屋に行って見てほしいなー。あまりよく分からなくても何かしら気になったものを買ってみたら、そこから自分の好きなものが増えて行くと思います!

→彼女のさらなるインタビューやレコード・ストア・デイ、そして「洋楽」への思いはAMPで!

(企画協力:平田春果、Big Love Records

#レコード女子 vol.01 平松絹子さん(Sapphire Slows)[AMP]
#レコード女子 vol.02 吉河千尋さん[AMP]
#レコード女子 vol.03 MAYURASHKAさん[AMP]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense