ロサンゼルスのノースハリウッドの近く、Vineland Ave.を車で走っていると、突然巨大なウィスキー樽が目に入ってきます。

150414idle_hour1

夜には多くのお客さんで賑わっているこの建物、実は“Idle Hour”というバーなのです。

もともとは1941年ごろに酒場としてオープンした建物でしたが、30年の閉店期間をはさみ、つい先日に装いも新たに開店しました。

150414idle_hour4

木で統一された内装からは、落ち着いた雰囲気が感じられ、樽のなかで寝かせたウィスキーのような気分を味わいながら、お酒が楽しめそうです。

とっても素敵なカウンターですね。やはりウィスキー樽のなかではウィスキーを頼みたくなってしまうのでしょうか。

150414idle_hour3

パティオもいいムード。夜風に吹かれながら一杯を楽しむ、ぜいたくな時間が過ごせそうです。

150414idle_hour2

外観のインパクトだけでなく、お店のなかの雰囲気も良いこちらのバー。

ハリウッドのついでに足を伸ばしてみたいスポットですね。

[Idle Hour]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking