きっと、誰しも、その人を一番輝かせてくれる色を持っている。

もし、身につけて幸せな気持ちになるのなら、きっとその色も輝かせてくれる色のうちのひとつに違いありません。

創業260余年、日本最古の日本画用絵具専門店、京都の上羽絵惣(うえばえそう)

その「色」を扱うスペシャリストが選んだのが、女性の魅力を引き出す3種の色。

150414ECjewelrip1



琥珀(こはく)」「辰砂(しんしゃ)」「桃色珊瑚(ももいろさんご)

そして、この色をいつでもまとうことができるようにと、セルフスキンケアブランド京都和のコスメ・kyo・mioriとコラボレーションして生まれたのが「宝石リップ」という名のリップグロス。

「琥珀」は、黄みの肌に馴染む、フレッシュではつらつとした印象に。
「辰砂」は、大胆で鮮やかな大人の女性に。
「桃色珊瑚」は、自然でふっくらとした、少女のような可憐な唇に。

女性の「なりたい!」を色に込めた、こだわりの3色。

豆乳発酵液、はちみつ、茶葉エキス、カイコまゆエキス、ホホバ油など植物成分と、コラーゲンを構成するアミノ酸「ジパルミトイルヒドロキシプロリン」が配合されており、潤いを守り、ふっくらとしたくちびるを作ってくれます。

パッケージには京の舞妓さんを思い起こさせる「花かんざし」の図案がデザインされています。

愛すべき色、色。さて、あなたはどの色をまといますか。

宝石リップ [上羽絵惣]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking