日本のパスポートって、ものすごくシンプルなデザインですよね。

色々な国の個性豊かなパスポートと比較すると、日本のパスポートがちょっとだけつまらなく感じる人が少なくないはず。

そのせいなのか、2020年の東京オリンピックまでに、パスポートのデザインを変更することを外務省が検討中…なんて話もあります。

シンプルで個性のないパスポートは退屈だ。もっと面白いデザインのパスポートが欲しい!

そんな願望を持つ人が、わくわくするようなアートのご紹介です。

日本人からすれば、ちょっと驚いてしまうようなアートをパスポートに施した人がいます。

20150411passport1
20150411passport2
20150411passport3

ベルリン在住のアーティストであるLeonard Combierさんは、ミステリアスでちょっと不気味なモンスターや目を描き入れて、パスポート中を埋め尽くし、アート作品として仕上げています。

彼はパスポートに絵を描き入れて欲しい人をネットで呼びかけ、なんと他人のパスポートにアートを描き入れたことも。

「自分の描いたアートが10年は誰かの公的身分証明書に残るなんて素敵だね」

そう彼は語っています。

20150411passport4
20150411passport5
20150411passport6

それにしても大胆なアートです。シンプルだったパスポートのページがこんなにも賑やかになるなんて。

こんなパスポートを持っていたら、なんだかドキドキしちゃいそうです。

ちょっとだけタトゥーみたいだよね、なんてLeonardさんは語っていますが、ここまで来ると、もはやタトゥーではなく完全なるアートのような気がします。

ずっと見ているとなんだか旅行がしたくなってくる。旅に出たくなる気持ちを煽るユニークなアートに心が踊らされます。

Artist”Tattoos”Passport Pages with Elaborate Ink Drawings [MyModernMet]

※パスポートへの落書きにより、海外での入国を拒否されたケースもありますのでご注意ください。(2015/04/28追記)

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking