コンガとか個人的には叩いてみたいです。

Jambé』はiOSによって様々な打楽器の音を叩くことができるデジタルドラムです。

20150410_ECjanbe01

上部の10面のセンサーパネルを叩くことによって、つないだオーディオ機器から音がでます。

天然木と金属で作られた本体は、手でもドラムスティックでも叩くことができます。

20150410_janbe04

音の種類や、センサーゾーンの割り当てなどはiOSのアプリで変更することができます。

パッと見た限りでは知らない楽器がたくさんあって、どんな音がするのか気になりますね。

20150410_janbe02

センサー自体は1,000以上の異なる圧力レベルを検知するので、変幻自在な音を奏でることができます。

下記の動画はアーティストが演奏している様子。一つの楽器とは思えない変容っぷり。

持ち運びもラクそうな大きさで、旅行先に持って行ったら人気者になっちゃいそうです。

『Jambé』は現在クラウドファンディングサイトのKickstarterで資金調達中で、早期割引キャンペーン中。

2015年4月15日時点では、499ドルで1つの『Jambé』を購入する権利が付与されます。

今は米国のみの出荷だそうなので、日本でも発売されることを期待したいですね!

Jambé [Kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking