悲観的な現実主義者として知られるウディ・アレン監督から、“人生におけるマジック”をテーマにした新作が届きました。

『マジック・イン・ムーンライト』と題された新作は、1920年代の南フランスを舞台にしたロマンティック・コメディ。まるでウディの分身のような毒舌マジシャンと、若く美しくチャーミングな占い師の物語です。

150410MagicInMoonlight-02

映画は、この世に魔法や超能力など存在しないと確信するスタンレーが、友人からある怪しげな占い師の真偽のほどを見抜いてほしいと頼まれるところからスタートします。

150410MagicInMoonlight-03

打倒ペテン師に燃えるスタンレーですが、占い師のソフィのスピリチュアルなパワーを見破れず、さらには彼女の魅力にときめきすら感じてしまうのです。

150410MagicInMoonlight-04

スタンレーとソフィを演じたのは、共にアレン組初参加となったコリン・ファースエマ・ストーン。美しい南フランスの風景をバックに、互いの腹を探り合うマジシャンと占い師の何とも可笑しい恋模様を小粋に演じました。

150410MagicInMoonlight-05

「誰かに出会ってその人にたちまち魅了されてしまうというのは、説明のつかないことだ」と語るウディですが、現実主義者の監督が仕掛けた“恋のマジック”は、もちろん一筋縄ではいきません。そこにはシニカルで奥深い人生哲学が、たっぷりと詰まっていました。

マジック・イン・ムーンライト
監督・脚本:ウディ・アレン
出演:コリン・ファース、エマ・ストーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ほか
Photo: Jack English © 2014 Gravier Productions,Inc.
4月11日(土)新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー、Bunkamura ル・シネマ他、全国公開

マジック・イン・ムーンライト』[ロングライド]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense