SHARE

ラジオメーターとは、イギリスの物理学者ウィリアム・クルックスが光エネルギーを運動エネルギーへと変換する実験器具として発明したもの。ガラス内の片面を黒く塗った羽根車に日光や電球など赤外線を含む光があたると、クルクル回転します。

ドイツ製でデザインは工学士ジェラルド・フォーゲル。手吹きガラスで作られた球体は繊細で華奢な反面、クルクルと回る羽根車との調和が魅力的です。

150408radio-03

光エネルギーを運動エネルギーに変換する実験器具で、表裏、銀色と黒色に塗られている羽根に光が当たると光を吸収しやすい黒く塗られた面の温度がほんの僅かですが上昇します。

すると、空気の構成分子の動きが活発になり、その反動で羽根車がクルクルと回り始めます。

150408radio-05

回転速度は光の強さなどにより異り、日によって楽しむことができそうです。

サイズはS,M,Lの3つから選ぶことができます。女性へのプレゼントにも喜ばれそうですね。

150408radio-02

光エネルギーから運動エネルギーに変わる瞬間を、卓上やリビングの棚に飾って眺めてみませんか。

150408radio-4

vogel Radiometerラジオメーター[mon cifaka online store]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense