SHARE


デザインはまだまだ進化する余地があると感じさせてくれる、流線型の美しいピアノ

これはハンガリーのピアニストであるゲルゲイ・ボガーニ氏が10年間かけてデザインしました。カーボンファイバー製の2本足のグランドピアノです。

1800年後半から大幅な変化が見られなかったというピアノの基本形を一新させたボガーニ氏。

「より鮮明で高いピッチを観客に伝える」ためにエンジニア・デザイナー・技術者とともに、この近未来型のピアノを完成させました。

外見のデザインだけでなく、温度や湿度の影響を受けにくいカーボンコンポジットの響板を使用することで、メンテナンスの回数を減らしながら、力強い音色を奏でられるのだとか。

実際の音色は以下の動画でお聴きください。

ボガーニ氏のサイトでは、バッハの『前奏曲とフーガ ハ長調 BWV 545』、モーツァルトの『ピアノ・ソナタ第9番 ニ長調 K. 311』、ドビュッシーの『ベルガマスク組曲』、リストの『愛の夢』、バルトークの『アレグロ・バルバロ』をフルで試聴することもできます。

音のための形。10年の研究の結果生まれたSFチックなグランドピアノ [Kotaku Japan]

text by 野本纏花

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense