SHARE

世界がもっともっとよくなるために、最も大切なものは教育であると考える人は大勢います。

多くのNPO団体が、学校を建てたり、先生を派遣したりしていますが、それでも学ぶ機会がない子供たちはまだまだ多い。

親の仕事の手伝いにかり出される子供達を、代わりに学校に行かせようとしている団体もありますが、そもそもその仕事は、彼らが食べていくため、生きていくために必要なこと

学校に行かせてあげられなくて申し訳ない思いをしている親もたくさんいますが、食べて生きる事。これが教育より優先されてしまうのは当たり前のことであり、それを責めることはできません。

OLPCは、One Laptop Per Child(一人一人の子供にラップトップを)を掲げて創設されたNPO団体。学校に行く時間がない子供にも、自分の時間を使い、自分のラップトップを持つことによって学ぶ機会を与えたいと考えています。

こちらは、 OLPCはが開発した、ラップトップ。XOラップトップといいます。

XOラップトップには、どんな環境の子供たちにも使ってもらえるように作られた、いくつかの特徴があります。

150409olpc01

持ち運び可能なこと。

学校に行っている子も行っていない子も、小さな時間を見つけていつでも使えるように、持ち運びできるサイズです。

頑丈なこと。

貧困のなかに住む子供たちが住む場所は、雨漏りがするところもあれば、道路が整備されていないところも。どんなところで使っても簡単に壊れないように、ウォータープルーフは当たり前、頑丈に作られています。

150409olpc02

ローパワー

たくさんの電気を使ってしまうパソコンは、電気代を食います。そんなこと気にせず学べるように、かなりローパワー。さらにソーラーなどでチャージできるように作られています。

ローコスト

パソコンとしては破格の値段です。1台199ドル。約2万円ですね。199ドルの寄付を行うことで、1人の子供にパソコンが与えられます。

ネットにつながる

XOパソコンは、ひとつのシグナルポイントを、XOラップトップユーザーでシェアして使います。XOラップトップ自体が他のXOラップトップと繋がって、コネクションをシェアして動くのです。XOパソコンは村ごと学校ごとで提供されるので、村の友達、学校の友達とXOの中で繋がることが出来ます。自分が見つけたことをみんなでシェアして勉強していくことも可能になるのです。

OLPCは、各国語に対応していますし、学習ソフトも入っていたり、青空学校など部屋のない学校に通う子供達のために、陽の中でも見やすいディスプレイに、実はウェブカメラまで。

算数をして、作文を書いて、絵を書いて映画を作って。環境によって、勉強の機会はもちろん、その種類も制限されることがないように。

150409olpc03

もちろん、子供が積極的に”学ぶ”ことができるように、デザインや色も工夫されています。

OLPCは早期教育が重要と考えており、XOラップトップは6-12歳対象に作られていますが、学校に行くことのできなかった親世代と一緒に利用している子供も多いようです。

色々な世界のことを知って、不公平だと感じるのでは、という人もいますが、知る権利は平等に与えれるものであるはず。

保持していることを知らなかった権利をちゃんと公使できるようになるかもしれない。知らなかった様々な職業の存在を知ることができて、大きな目標ができるかもしれない。そのために、これまでより意欲的に学校に通うようになるかもしれない。まだ見ぬ未来に希望を抱いて、毎日の勉強や手伝いが楽しくなるかもしれない。

世界の全ての子供に、未来は希望に満ちあふれていることを知らせることができれば、世界の明日は少し明るくなっていくのではないでしょうか。

150409olpc04

学ぶ機会が全ての子供に与えられれば、世界はずっとよくなる

多くの人がそう口にしますが、それってつまり、学ぶ機会を与えられた私たちが、世界をよくするひとつの手にならなくてはいけない、ということでもあります。全ての子供たちの、未来の希望に繋がる学びを、私たちにできる形で応援しましょう。

少しでも多くの子供の手にXO Laptopが渡るように、寄付はコチラから。

XO Laptop   [OLPC]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense