SHARE


窯変(ようへん)ってどんな現象のことか知っていますか?

これは釉薬(ゆうやく)の性質や炎のあたりかたなどから、窯の中で思わぬ変化を遂げ焼き上がる現象のこと。

長崎県波佐見町から発信されている波佐見焼の陶磁器ブランドHASAMIの「タンクランプ」は、窯変する釉薬を使用することで特有の「色幅」と「釉薬の流れ」を意図的に際立たせています。

150406hasami-11

量産を得意とする波佐見焼は、成形、型起こし、釉薬、窯焼きとそれぞれに作業を発注する分業体制をとっているそう。これにより各分野の高い技術力と効率的な生産体制を育んできました。

150406hasami-07
150406hasami-06
150406hasami-08

産業景観の風化をイメージした流れる釉薬と、ドイツのテクノスケープのような工業的デザインのランプを提案。透光性のある磁器を通して、やわらかな光が広がります。

150406hasami-09

真鍮製のソケットコードが付属していて、波佐見焼の良さを味わえる4色が用意されています。サイズはS、M、Lの3つです。

150406hasami-12
150406hasami-05
150406hasami-13

変化のある釉薬を使用しているため、色や釉薬の流れ方がひとつひとつ違うのも波佐見焼の魅力。

「使われるためにあり、よく使い込まれ、そして使い古される。」

言葉にはできない不思議な力をもった、愛される”道具”を作るHASAMIのタンクランプをあなたの部屋にも灯してみませんか?

購入は直営店、またはwebsiteよりお問い合わせください。

HASAMI[有限会社マルヒロ]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense