米カリフォルニアのハリウッドにある、アカデミー賞授賞式が行われるドルビー・シアターをしばらく南に行った場所に、新たなスターバックスがオープンしました。

もっとも、アメリカでスタバがオープンすること自体は別段珍しくもないのですが、このHighland and Willoughby店は、街の古い建物をうまくリノベーションしたことで注目されています。

150405starbucks4

こちらのスタバ、もともとはガソリンスタンドでした。

ハリウッドの黄金時代、1935年にGilmore Gas Stationとしてオープンし、その後MobilやTexacoのスタンドとしても使われたといいます。

150405starbucks2

90年代に閉店してからは、ゴミやガラクタがどんどん溜まり、みるみる荒廃していきました。

2年ほど前にこのロケーションに興味を持ったストアデザインのチームは、ロサンゼルス市と協力して作業を進め、もとあったスタンドの特徴はそのままに、新たなスタバへと変貌させることに成功しました。

150405starbucks5

Y字に広がった張り出し部分はそのまま活用し、派手なネオンの代わりにLEDライトを巡らせています。

もちろん、車が入りやすい構造はそのままにドライブスルースタイルも採用。

150405starbucks3

どことなく古いスタンドの面影を残しつつ、明るくモダンなお店になっていますね。

150405starbucks1

アメリカのスタバは、最近こうした新店舗づくりを進めているようで、ニューオーリンズやシアトルに続く例なんだとか。

ハリウッドに行く際には、立ち寄ってみたいですね。

Customers Fuel up at New Starbucks Store at Site of Historic California Gas Station [Starbucks]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking