ここ数年、パンケーキブームが続いています。

テレビや雑誌で取り上げられたお店に出かけると、長蛇の列で、あきらめて帰った経験はありませんか?

流行りのパンケーキも気になるけれど、古くから続く、むかし懐かしいホットケーキも好き…。

そんな人に、ぜひ訪れてほしい喫茶店をご紹介します。

20150404_nit_01

創業50年を迎えた「喫茶ニット」は、 錦糸町駅から徒歩約3分ほどの場所にあります。

昔ながらのショーウィンドウには、ホットケーキやナポリタン、パフェのサンプルが並んでいます。

20150404_nit_24

お店の扉を開けると、レトロな革張りのソファー席がズラリ。

広々とした空間が広がっています。

20150404_nit_03
20150404_nit_04

喫茶ニットは、かつてはニット工場として、紳士物と女性物のセーターを製造していました。

しかし、時の流れとともにアジアからの輸入が増え、売上は徐々に減少。

思い切ってと工場をたたんでスタートさせたのが、喫茶ニットでした。

20150404_nit_06

「せめて名前だけでも残しておきたくて「ニット」という店名にしたんですよ」

と語るのはママの小澤民枝さん。

ニット屋だったときの面影は、男性スタッフの制服にも残っています。

20150404_nit_08

左から、30年以上勤務する石丸さん、小澤さんの孫にあたる兼松雅昭さん、
40年以上勤務するチーフの高場さん

白いシャツに蝶ネクタイ、そしてお店に映えるワイン色のニットベスト。店名にピッタリな制服が、皆さんお似合いです。

調理場を支えるチーフの高場さんと石丸さんは、40年ほどお店に勤める家族同然の存在。ニットの豊富なメニューを華麗に作り上げていきます。

早速、看板メニューのホットケーキを注文してみました。

20150404_nit_10
20150404_nit_11

銅板に生地を丁寧に流し込み、20分ほどじっくりと焼き上げます。

20150404_nit_13

ひっくり返してみると、きれいに焼き色がついてふっくらと膨らんでいます。

20150404_nit_14

お皿に盛り付けて登場したのは、厚さ2cmほどの堂々たるホットケーキ!

20150404_nit_15_c

ふんわり甘い香りがただよいます。ちょこんと乗ったバターにはつまようじがプスリと刺さっています。

トロ~リバターが溶けはじめたふかふかの生地にシロップをたっぷりかけて、まずはひとくち。

20150405_nit_16

外側はパリッと、中はふんわりモッチリ。食べるたびに懐かしい甘い香りに包まれます。

むかし、家で作ってもらったホットケーキを思い出す味わい。でも自分では再現できないような、極上の食感です。

分厚い生地が2枚も重なっていて、「こんなに食べられるかなぁ」なんて思ったのは一瞬。ひとりでペロリと食べちゃいました。

喫茶ニットのホットケーキのおいしさ。

そのヒミツを小澤さんに質問してみると、微笑みながら一言。

20150404_nit_33

「特別なこだわりはないの」

こんなにおいしいのにヒミツがないなんて…と思い、店内をじっくり観察してみました。

20150404_nit_05

メニューを見ると、焼き肉にやきそば、かにぞうすいまであって、喫茶店とは思えぬメニューの多さ

昔からメニューが豊富だったのかお聞きしてみると、50年前のオープン当時のメニューは、コーヒー、紅茶、ミルクに昆布茶、プリンとサンドイッチのみだったとのこと。

「もっとごはんものを増やしてほしい」という要望に応えて、ナポリタンやピラフ、そして看板メニューのホットケーキが誕生しました。

かにぞうすいも、お店の近くに大きな病院ができたから…と増やしたメニューだそうです。

常にお客様のことを考え要望に応える姿勢があるからこそ、地域の方からずっと愛され続けているんですね。

20150404_nit_22

ひとりひとりのお客様に丁寧に接する小澤さん。

常連とおっしゃるおばあさまとは、じっくり語らっていました。

150407_nit_02

左は小澤さんの娘の兼松早苗さん

現在は、娘さんの早苗さん、お孫さんの雅昭さんと一緒にお店を運営しています。

母から娘、そして孫へと受け継がれていくお客様想いの喫茶店

作り方にヒミツはなくても、お客様のために心を込めて作っているからこそ、きっと変わらぬ懐かしいおいしさが詰まっているのだと思います。

150407_nit_01

そこに行けば、いつだって、懐かしい風景とおいしいものに出会える。

喫茶ニットは、そんな風に思えるお気に入りの喫茶店です。

[喫茶ニット]
住所:東京都墨田区江東橋4丁目26−12
営業時間:8:00~20:00
定休日:指定の日曜日

photographed by Satomi Kawashima

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking