アーティストは作る側、私たちはコレクションする側。皆さんそう思い込んでいませんか?

アーティストだってコレクションするんです。しかもよくみると面白いものばかり!

今、イギリス、ロンドンのBarbican Centreにあるアートギャラリーにて、戦後の現代アーティストのコレクションを紹介する展覧会「Magnificent Obsessions: The Artist as Collector」が開かれています。

150406collections3

Armanという芸術家の収集品ゾーン。

おうちの中のように生活感のある雑多な空間でありつつ、作品をかっこよく配置するセンスが感じられますね。日本の甲冑もあります。

ほかには、Andy Warhol の集めたクッキージャーやDamien Hirstの集めた頭蓋骨、剥製などが見られます。

150406collections2
150406collections

これらはアーティストの手元に長い間置かれていたものたちです。

いつもは彼らの手によって作られた完成作品を美術館で見ますが、彼らがどんな物を好み、どんな物から影響を受けていたのかを見る機会はなかなかないですよね。

5月25日(月)まで開催されているので、ロンドン旅行を計画中の方は足を運んでみては?

[Magnificent Obsessions:The Artist as Collector]
開催日:2015年2月12日(木) – 2015年5月25日(月)
入場料:Standard £12
住所:Art Gallery Barbican Centre
Silk Street London EC2Y 8DS
開催時間:
Sat-Wed 10am–6pm
Thu-Fri 10am–9pm
Bank Holiday Mondays:12pm–6pm
Bank Holiday Fridays:12pm–9pm

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking