SHARE


NYの活気溢れるエリアの一つ、チャイナタウン。そしてチャイナタウンといえば飲茶。

ちなみに英語では“ティーパーラー”と言います。本家中国では飲茶は朝から昼過ぎまでの食事とされています。

150331_nomwah_2

今回ご紹介する、1920年に創業したこちらの飲茶屋さん「Nom Wah」。

19世紀の終わり頃、Mott Street,Bowery Streetに発祥したチャイナタウンのほぼ中心に開店してから、100年近く営業しています。

NY最古の飲茶を出す、チャイナタウンのボス的存在と言ってもいいかもしれません。

150331_nomwah_3

現在は60年間この店を守り続けた先代より、2代目のウィルソンさんが受け継ぎ、今までの良さを活かしながらもWi-fiを導入したり、SNSを活用しています。

さらには多種多様な人種に対応するため、メニューにもベジタリアン/グルテンフリーなどのマークを入れるようにと、より具体的に進化させ続けています。

夜10時まで飲茶を出してくれるのも、つい通ってしまう理由の一つなんです。

150331_nomwah_4

店内はNYの摩天楼といったイメージとは少し異なる、何だか落ち着く下町のどこか懐かしい雰囲気を醸し出しています。

週末の夜は、これから出かける人や一杯飲んだあとの人たちで溢れ返ります。

ディープなNYを体験したい方にぜひオススメのスポットです。



NYを歩いて見つけた、おすすめスポットはこちらから。

Nom Wah

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense